国家資格一覧

調理師

blank
独勉クン

調理師は身近な資格だよな...

調理師は料理のプロフェッショナルなんだ。
料理の腕があれば、独立開業も目指せる資格なんだな。

blank
アール博士

調理師は

  • 栄養及び衛生に必要な知識及び日本料理、西洋料理、中国料理のいずれかの技能を修得した料理のプロフェッショナル

です。

飲食店やホテルなど、料理を提供する店舗では欠かせない人材となっています。

知名度が高く、国家資格であるものの、合格率60%程度と試験難易度は高くないため、比較的合格しやすい試験です。

難易度

合格率

学習時間

受験資格

約60%

100時間

資格要件あり

主な受験者

平均年収

なれる職業

専門学校生・大学生

340万円

レストランなど飲食店、ホテル、旅館、病院、福祉施設

調理師とは

blank
独勉クン

調理師は、具体的にどんなことをやるんだろう...

調理師は、料理はもちろん、材仕入れ、メニュー考案、調理場の衛生管理など調理に関わる全ての作業を担う仕事なんだな。

blank
アール博士

調理師は

  • 飲食店などで調理業務を行う者

をさします。

日本独自の国家資格で調理師法により、各都道府県知事が試験を行い、調理師名簿に登録された合格者のみが「調理師」と名乗れます。

「業務独占資格」ではなく、「名称独占資格」と呼ばれる「資格を持った人しか名乗れない資格」となり、調理師の免許がなくても、業務として、飲食店で調理を行うことは可能です。

調理師の仕事は料理がメインです。

しかし、食材仕入れ、メニュー考案、調理場の衛生管理なども合わせて調理に関わる様々な仕事にも対応が求められるため、仕入れから調理、片付けの一切が調理師の仕事となります。

調理師は経験を積むことも重要な仕事

blank
独勉クン

調理師になったら、すぐに調理を任せてもらえるのかな...

残念ながら難しいんだ。
調理師は食器洗いなど、様々な業務経験を通じて料理の腕を磨いていくんだな。

blank
アール博士

料理業界の慣例として、食器洗いや清掃、野菜の皮むきなどの下準備を新人の間は任されることが多く、経験年数を重ねると徐々に調理や盛り付けなどの重要な仕事へとステップアップしていきます。

そのため、経験年数を積むことが調理師として一人前になる重要なポイントです。

仕事環境は、店舗によって営業時間が長く、仕込みなどにも時間を取られるため、就業時間は長くなることが多いです。

料理仕事の特性として、経験年数などにより、技術的な差が生まれやすく、上下関係の厳しい職場がほとんどであるため、それなりの覚悟を持って働かないと、途中で挫折しまう可能性が高いと言えます。

調理師の年収と就職先

調理師の平均年収は、約340万円なんだな。

blank
アール博士

調理師の平均年収は

  • 約340万円

です。

最初は見習いとしての採用となり、月収12万円〜15万円が一般的です。

また、サラリーマンのような年功序列や昇進、昇給の基準が不透明で、本人の腕次第といった要素も多く含まれる職業ですが、一流と呼ばれるホテルの調理師になると年収1000万円を稼ぐことも可能です。

調理師は腕ひとつで稼ぐことが可能な職種なので、いずれ自分の店を持ちたいという夢をもっている人も多く存在します。

就職先は、レストラン、カフェ、ホテル、旅館などの宿泊施設、病院や企業の食堂など様々です。
また、日本料理の調理師は板前と呼ばれたり、西洋料理はシェフ、スイーツ専門のパティシエなど、料理の種類によっても呼ばれ方が変わります。

調理師試験の難易度・試験概要

blank
独勉クン

調理師の試験概要はどうなっているんだろう...

調理師試験は各都道府県ごとに行われており、毎年1〜2回実施されています。

都道府県ごとでの試験となるため、試験日が異なる県に出向いて掛け持ち受験も可能ですが、機会公平の観点から、全国統一日程、同一問題にするという取組も行われています。

試験は、マークシート方式の択一試験のみで実技はありません。

調理師資格の受験資格には基礎資格と調理業務経験の2つの条件が存在します。

基礎資格は、中学校卒業者、小学校卒業者で5年以上の業務経験者のいずれかに該当する必要があります。

また、調理業務経験は、一週間で4日以上出勤し、6時間以上かつ2年以上の実務経験もしくは、一週間で5日以上出勤し、5時間以上かつ2年以上の実務経験が必要です。

実務経験の対象となる施設は

  • 旅館・簡易宿泊所を含む飲食店営業
  • 魚介類販売業(販売のみは不可)
  • 惣菜製造業
  • 1回20食以上、1日50食以上の調理を行っている給食施設

の4種類です。

認められない職歴

  • 栄養士・保育士・看護師などとして採用されている場合
  • 接客業務・配達業務など、直接調理業務に携わっていない場合
  • 菓子製造・喫茶店営業の許可で営業している施設で従事している場合
  • 外国の飲食店で従事している場合
  • 都道府県により、異なる場合もありますので、事前の確認が必要

調理師の試験概要

調理師の試験科目は

  • 食品衛生学
  • 公衆衛生学
  • 栄養学
  • 食品学
  • 食文化概論
  • 調理理論

の6つで、全科目の合計点が60%以上の場合に合格となります。

ただし、平均点を著しく下回る科目や、0点の科目があれば不合格となります。

試験日

年2回(日にちは都道府県により異なる)

試験時間

2時間

受験料

6,100〜6,400円

合格率

約60%

補足

  • 調理師専門学校、調理科クラスのある大学など、厚生労働省が認定した施設を卒業すると、試験免除の優遇を受けられる

-国家資格一覧

© 2021 アール博士の資格合格ラボ