難易度

中小企業診断士とは企業の成長ストーリーを描く脚本家

中小企業診断士とは[中小企業診断士アール博士の合格ラボ]

https://kokushi11.com/jsmeca

中小企業診断士の本当の難易度とは?

 

独勉クン

中小企業診断士に興味はあるけど、中小業診断士とは何をする資格なんだろう...

簡潔に言うと、企業の成長ストーリーを描く脚本家なんだ。
中小企業診断士とはを知るのは試験勉強にも有利に働くから理解しておくべきなんだな。

アール博士

中小企業診断士とは国が認める唯一の経営コンサルタント資格ではあるものの、行政書士や社労士など法律の専門家とは異なるため、具体的にどんな士業なのか実態が見えづらいです。

そのせいもあって、中小企業診断士とはの問いに、受験生でも正確に答えられない人は多数存在します。

中小企業診断士とはを知っているかどうかは効率的に試験勉強をする上でとても重要で、さらに合格者の多くは必ず抑えているポイントです。

しかも、中小企業診断協会HPに掲載している内容をもとに、あなたが深く理解できているかどうかだけです。

答えは

  • 企業の成長ストーリーを描く脚本家

です。

中小企業診断士とは何かを知るなら中小企業診断士協会のHPをチェック

独勉クン

経営コンサルタントにおける唯一の国家資格だけは知ってるんだけど...
具体的に中小企業診断士とは何をする士業なんだろう...

中小企業診断士とは何かを知る一番の方法は、試験運営団体である中小企業診断協会のHPを見ることなんだ。

アール博士

中小企業診断士とは試験運営を実施している中小企業診断協会HPを確認すると

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断および経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

参照中小企業診断士試験制度について

と書かれていることから、中小企業診断士の役割は

  • 中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家

だと言えます。

ポイント

  • 経営課題に対応するための診断・助言を行う人材を育成する試験制度となっている

中小企業診断士とは何かを深く考えることは試験勉強にもとても役立つ

独勉クン

経営課題に対応するための診断・助言を行える専門家..か...
はっきりとどんな仕事をする士業なのかまだイメージしづらい...

独勉クンのいう通り、まだ確かにふわっとしているんだ。
自分なりに中小企業診断士とは何か具体的にイメージできると、試験勉強にも役立つからぜひ明確化すべきなんだな。

アール博士

中小企業診断士とはどんな能力を持った人材を国が求めているのか深く考えることで

  • 試験を通じて得るべき知識やスキルの合格ラインが明確

になります。

そして合格ラインさえ分かれば、中小企業診断士試験に求められる知識やスキルを身につけるためのブレない軸が手に入るのです。

これによって、不安になって無駄に何種類ものテキストを購入したりなど、ムダな遠回りをせず合格まで一直線で走りきれるようになります。

中小企業診断士とは何かより具体的に把握するため、先ほどと同じように試験運営団体の中小企業診断協会HPを確認してみると

中小企業診断士は、まず、企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスします。また、策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。

参照中小企業診断士の役割とは

と書かれています。

つまり、中小企業診断士とは

  • 企業の成長戦略策定のための具体的な経営計画の立案
  • その後の経営環境の変化を踏まえた支援

を行う士業だとわかります。

ポイント

  • 中小企業診断士とは何かを深く理解することが重要
  • それが中小企業診断士試験を通じて得るべき知識やスキルの合格ライン明確化につながるから

中小企業診断士とは企業の成長ストーリーを描く脚本家

独勉クン

なるほど!
企業を成長に導く専門家ってことなのかぁぁ〜♩

中小企業診断士は、将来の目標に向かって、どんな戦略や戦術をとっていくべきかを考えるお仕事なんだ。
言うなれば、中小企業診断士とは企業の成長ストーリーを描く脚本家なんだな。

アール博士

中小企業診断士の仕事である企業の成長戦略策定に求められることは

  • 会社が憧れる未来と現実に生まれるギャップである経営課題を見つけること
  • 経営課題を解決するための適切な手段の提示

の2つです。

経営課題の解決に適切な手段を提示するには、経営に関する知識全般の習得が絶対的に必要となるからこそ、一次試験で7科目の多岐にわたる内容を学習します。

そして、経営課題を見つけるには高い論理的思考力が求められるため、二次試験で論述形式による紙上のコンサルティングが試験内容となっているのです。

ポイント

  • 中小企業診断士とは企業の成長ストーリーを描く脚本家
  • 脚本家になるには、憧れる未来と現実に生まれるギャップである経営課題を見つけるスキル(二次試験)と経営課題を解決するための適切な手段の提示(一次試験)が必要

まとめ

中小企業診断士とは何かを自分なりに深く理解することが試験勉強にも大きく役立つんだ。

アール博士

中小企業診断士とは企業の成長戦略策定を支援する仕事であり、つまるところ

  • 企業の成長ストーリーを描く脚本家

と言えます。

そして成長ストーリーを描くためには、憧れる未来と現実に生まれるギャップである経営課題を見つけるスキルと経営課題を解決するための適切な手段の提示ができるかどうかです。

だからこそ、一次試験では経営全般に関する知識二次試験では経営課題を見つける高い論理的思考力が合格に求められる点を意識して学習に当たることが重要です。

独勉クン

中小企業診断士とは企業の成長ストーリーを描く脚本家かぁ〜♪カッコイイ...
次は難易度をしっかり理解して、勉強を始めていくぞぉぉ〜...

-難易度

© 2020 中小企業診断士アール博士の合格ラボ