独学

中小企業診断士の最短合格に独学者が知るべき勉強法と裏技

2019年9月3日

独勉クン

中小企業診断士の試験制度は理解できた。だけど、合格するためにどのような勉強をしていけばよいのだろう。

アール博士

中小企業診断士は7科目と内容が多岐にわたるため、勉強法を間違えると努力が比例しない場合が多いんだ。
勉強法のコツを知っているかだけで大きな差がつくから、知っておくと今後の勉強効率は間違いなく高まるよ。

中小企業診断士は合格率約4%と、難関国家資格に位置付けられます。

だからと言って合格できない試験ではなく、正しい勉強方法さえみにつけられれば、初学者でも1年で合格することは可能です。

本記事では、中小企業診断士に最短合格するためにやってはいけない勉強法と実践すべき勉強法の両者をお伝えすることで、正しい勉強をするための考え方をご紹介してきます。

さらに、正しい勉強方法をみにつけるための裏技をこっそりお伝えします。

中小企業診断士に最短合格するために初学者がやってはいけない3つの勉強法

中小企業診断士に初学者がやってしまいがちな勉強法として、

  • 高得点をとろうとテキストを隅から隅まで覚える
  • インプット(覚える)を中心にアウトプット(トレーニング)を後回しにする
  • 二次試験は一次試験を受かってからでいいと関連付けようとしない

の3つです。

アール博士

どれも中小企業診断士の合格から遠のいてしまうから注意が必要なんだな。

高得点をとろうとテキストを隅から隅まで覚えることは中小企業診断士の最短合格につながらない

独勉クン

テキストを頑張って隅から隅までカンペキに暗記するぞ〜。

アール博士

独勉クン、テキストをカンペキに暗記する勉強法は....

中小企業診断士のテキストに書いてある内容を全て覚えようと考えないようにしましょう。

あくまでテキストは試験に関する情報を網羅しなければなりません。

なぜなら、テキストは予備校の試験対策上における対策範囲を示しているため、過去にでた内容とそこを深く突っ込んだ内容は掲載せざる得ない事情が存在するからです。

本来なら5年以上出ていない論点かもしれず必死に覚えても試験に出る確率が低いのなら、もっと出題確率の高い論点を完璧にした方が得点確率は高くなります。

独勉クン

確率で考えるのは確かに理にかなっているなぁ。

アール博士

中小企業診断士に最短で合格したいならテキストの内容を全て覚ようとするのは非常に効率が悪いからやめておくべきなんだ。

中小企業診断士に最短合格するにはインプット(覚える)を中心にアウトプット(トレーニング)を後回しにすること

独勉クン

テキストをしっかり覚えてから実力試しに問題を解くようにしよう。

アール博士

インプットはそこそこで大丈夫。
失敗が成功の母と言われるように、アウトプットによる実践を繰り返すことが重要だよ。

高得点をとろするがあまりにテキストを隅から隅まで覚えようとすることは、テキストによるインプット(覚える)を勉強時間の大半に費やしてしまいます

なぜなら、どんな論点がよく出て、どんな論点は捨てても良いのか?が分からなければ、勉強量の強弱がつけられなくなってしまうからです。

強弱がつけられないということは、中小企業診断士の試験全体像を理解できていないのと一緒です。

二次試験は一次試験を受かってからでいいと関連付けないことが中小企業診断士の最短合格が遠のく

独勉クン

一次試験に合格しないと二次試験には進めないわけだし。まずは一次試験突破に集中、集中。

アール博士

二次試験で求められる内容を知った上で一次試験の勉強するかで、二次試験の実力のつきかたが大きく異なるから気をつけて。

あなたの最終ゴールは中小企業診断士の一次試験合格ではなく、二次試験の合格であるはずです。

これは、インプットを中心にアウトプットを後回しにしてしまうのと一緒です。

一次試験知識を二次試験でどう使うのか知らずに勉強するのか、知ったうえで二次試験で活かすことを前提にした知識習得ができるかでは、勉強効率も合格確率も天と地ほど違うのは明らかです。

中小企業診断士の最短合格に初学者がとるべき3つの勉強法

中小企業診断士に初学者が最短合格するためには先ほど挙げた

  • 高得点をとろうとテキストを隅から隅まで覚える
  • インプット(覚える)を中心にアウトプット(トレーニング)を後回しにする
  • 二次試験は一次試験を受かってからでいいと関連付けようとしない

と逆の行動をすれば良いだけです。

具体的には、

  • 勇気をもって40点はバッサリ捨てる勉強法
  • 覚えるではなく過去問題を解く(実践)を中心にした勉強法
  • 二次試験を見据えた一次試験勉強法

です。

中小企業診断士の最短合格には勇気をもって40点はバッサリ捨てよう

中小企業診断士の試験は60点取れれば合格できる試験です。

だから40点分は勇気をもって捨てましょう。40点を捨てると、5分の3の内容(基礎的知識)を徹底的に覚えればよことになります。

乱暴な言い方をすれば、全てを満遍なく覚えることと比較すれば、同じ勉強時間であったとしても倍近い時間を演習に費やすことができます。

どちらの方が実践力があるかといえば、演習に費やした勉強方法であることは一目瞭然です。

独勉クン

中小企業診断士の一次試験はマークシートで4or5問だから、20~25点は運だけでとれると考えるべきなのね。

アール博士

さらに、残り75~80点のうち、基礎的な部分を獲得できれば40点以上はとれるように試験設計されているんだ。

60点を捨てる勉強法は中小企業が生き残る戦略と実は同じ

中小企業は大企業と真っ向勝負するのではなく、自分の得意でないところは協力会社や外注などと連携しながら、自分たちの得意な分野で一点突破することです。

中小企業診断士は中小企業を成長に導くための助言を行う経営コンサルタントであることから、中小企業診断士試験も中小企業の戦略で合格を目指す戦略をとるべきです。

出題者も100点をとれるような試験制度にはなっていないものの、合格点である60点はしっかり勉強したものであれば合格できるように設計してくれています。

独勉クン

100点ではなく、60点を確実にとる勉強法をブレずにできるかどうかってことですね。

アール博士

そうそう。40点を捨てる勇気こそが、中小企業診断士の試験突破するためには一番重要な勉強法のコツなんだよ。

中小企業診断士の最短合格には過去問題(実践)を中心にしよう

40点を捨て、合格点である60点を確実に得点するためには頻繁に出題されている論点や問題の把握と徹底的な理解が全てです。

把握と徹底的な理解をするためのツールは中小企業診断士の運営を行っている中小企業診断協会が出している過去問以外にありません。

これ以外の問題集はあくまで過去問をもとにした類似問題にすぎないからです。

独勉クン

中小企業診断士の過去問題(本物)は実力試しに使うと思っていた自分の考えは改めないといけないですね。

アール博士

過去問を制する者が中小企業診断士の試験を制するのは間違いない。だから、過去問は最高の教科書として扱うべきなんだ。

中小企業診断士の最短合格には二次試験を見据えた一次試験の勉強をしよう

中小企業診断士の一次試験は、あくまで知識を問う試験です。

一方、二次試験は一次試験で覚えた知識を事例企業の個別事象に具体的にあてはめ、課題や問題を解決していくことが求められる試験です。

知識を「知っている」が一次試験、知識を「使える」が二次試験です。

知っていると使えるの間には大きな溝があり、知識を使いこなせるようになるまでには一定の時間がかかります。

アール博士

だからこそ、一次試験の知識が二次試験でどのように使われるのかを一次試験勉強中から理解しておくことが中小企業診断士の最短合格には重要です。

中小企業診断士に初学者が最短合格するためのマル秘勉強ノウハウが知りたいなら

これまでの内容はあくまで中小企業診断士の最短合格するための勉強法の一部です。

そして、お伝えした最短合格する勉強法は中小企業診断士の専門学校であるクレアール「中小企業診断士 非常識合格法」に書かれている情報の受け売りにすぎません。

特に、第5章の過去問題集の正しい使い方に関するノウハウは知っておかないと本当に損する知識です。

しかも、中小企業診断士の専門学校であるクレアール「中小企業診断士 非常識合格法」は資料請求すれば無料でプレゼントしてくれます。

1分でカンタンに無料資料請求でき、最短合格に確実につながる本なので、資料請求【無料】して効率よく情報収集しましょう。

資料請求フォームの備考欄に「非常識合格法プレゼント応募」と記入しないと貰えないのでご注意ください。

まとめ

中小企業診断士に最短合格したいのであれば、

  • 勇気をもって40点はバッサリ捨てる
  • 過去問題を中心にした勉強方針を組み立てる
  • 二次試験を見据えながら一次試験の勉強

の3つを肝に銘じて勉強を行いましょう。

そして、これらの具体的な方法やノウハウを習得したいのであれば、中小企業診断士の専門学校であるクレアールの無料資料請求によってもらえる短期合格ノウハウ本「非常識合格法」をゲットすることです。

資料請求フォームの備考欄に「非常識合格法プレゼント応募」と記入しないと貰えないのでご注意ください。

中小企業診断士試験は正しい勉強方法さえみにつけられれば、初学者でも1年で合格することは可能ですので、勉強方法を見誤らず、後は愚直に勉強を続けていきましょう。

-独学

Copyright© 中小企業診断士アール博士の合格ラボ , 2019 All Rights Reserved.